読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯医者で学んできたこと 虫歯と噛み合わせ

f:id:i_can:20150825222701p:image

新しくできた歯医者さんに行ってきた。
待合室と、治療室の間に小さな小部屋が、そこで副院長さんから飯についての講義を受ける。20分ぐらいみっちりと飯についての話を聞いたうえに、いれば家インプラントなどの実物も形をじっくりと触らせて貰えた。
単純に治療するだけでなく、きちんとわかってから治療すべきだと言うこの歯医者の治療方針はとても気に入った。

読了 「きれいな歯をつくる(倉治ななえ)」

「きれいな歯をつくる(倉治ななえ)」 http://amazon.jp/dp/4278042604/ #読書管理ビブリア 
f:id:i_can:20150825222621p:image
歯ブラシの選び方とか、歯の磨き方とか、全部はできないけれど歯医者にきちんと通ったついでに少しずつ始めてみようと思っているところ。

読了 山中伸之「教師のすごいダンドリ術」

「教師のすごいダンドリ術!(山中伸之)」 http://amazon.jp/dp/4313652477/ #読書管理ビブリア 

f:id:i_can:20150824142850p:image

この手のスキル本は、少しずつでも実現できたらいいなと思っている。
ということで、夏休みに再度読み直してみた。

キューバの教育システム

f:id:i_can:20150824142822p:image
キューバの教育は基本的に大学卒業まで無料。制服もすべて無料。ただし制服について話を振るとゆうか、前に使っていた物を引き継いで使っていくらしい。
その辺には多少国の貧しさと言うものが見えるのだが、全体として国民総生産に占める教育費の割合はとても高い。先進国含めてもダントツでキューバが一位になるらしい。

そのキューバの教育システムを参考にした北欧諸国そして韓国などが教育を参考にすべき国としてノミネートされたそうだ。
キューバや北欧の教育システムについてはある程度理解できたが、韓国はどのような教育をしているのかよく分からない。今後もう一度調べてみようかと思う。

読了 「手帳で楽しむスケッチイラスト(MdN編集部)」

f:id:i_can:20150825222549p:image
イラストやデザインの分野で活躍している人たちの手帳を見る本は珍しい気がする。バリバリのビジネスマンじゃない人たちの手帳を見るのもなかなか面白い。
手帳の中身だけではなく、手帳そのものや、使っている文房具についてもその人の職業や個性が見られて面白い。
特に文房具に関しては、ほとんどの人がこだわりを持っているようで使ってみたいと思う文房具がたくさんあった。

G-SHOCKのアナログ針の合わせ方

f:id:i_can:20150824142751p:image
キーホルダーの磁石が原因で、何度かアナログの針が狂ってしまった。
 1度目はゆめタウンにある時計売り場で調整をしてもらったが、そう何度も行くわけにはいかないと思いネット上で取扱説明書を検索した。
いろいろと自分でいじった時には気がつかなかったが、左上のボタンを3秒押すと時刻調整モード、さらに5秒間押し続けるとアナログ針の調整モードになるらしい。
2段階のモード変更と言うのはちょっと気がつかなかった。

これでとりあえず腕時計の調整は自分でできるようになったが、できることなら針が狂わないように、キーホルダーと腕時計の置き場所を考えなければならない。

読了 河村茂雄「授業づくりのゼロ段階」

f:id:i_can:20150821181927p:image
QUテストをもとにした授業づくりの基本。
もわかりやすくて良いのだが、何分QUテストはお金がかかる。学期ごとに実施するとなると、かなりの負担になってしまうのでなかなか行うことができない。