【読んだ】「100年の難問はなぜ解けたのか(春日真人)」

NHKスペシャルの割には中途半端。
問題を解決した人に直接会えたわけでもなく、解決方法をわかりやすく解説するでもなく。その周辺をウロウロしているだけの感じ。


ついに「ポアンカレ予想」が解決した!ところが…。世紀の難問に挑み、敗れ去った幾多の数学者と見事に解決したにもかかわらず姿を消した天才グリゴリ・ペレリマン。数学という魔物がもたらす数奇な運命とは。


「100年の難問はなぜ解けたのか(春日真人)」 http://amazon.jp/dp/4140812826/ #読書管理ビブリア

動的ストレッチと静的ストレッチ

f:id:i_can:20170122223013j:image

 

動的ストレッチと静的ストレッチについて。 

 

動的ストレッチの基本は、ウォーキングジョギングで心拍数を上げること。筋肉の温度と柔軟性を上げること。筋肉に刺激を与えること。怪我の防止とパフォーマンスの向上に効果がある。

 

静的ストレッチは可動域範囲の限界まで数十秒間体を伸ばすこと。柔軟性の向上と、筋肉中の老廃物の排出に効果がある。

しかし一方で陸上競技などでは5%程度のスコアのダウンが見られるらしい。体のバネが伸びきってしまうため、動きが鈍くなることがあるそうだ。

 

 

ということで、基本的には

最初にウォーキングジョギングをする

体が温まったら動的ストレッチを行う

目的のスポーツを行う

終了後にクールダウンとして静的ストレッチを行う

と言うのが最も良い流れか。

【読んだ】「書くだけで人生がうまくいく嫌なことノート(嫌なことノート普及委員会)」

f:id:i_can:20151101091744j:image

【読んだ】「評価と贈与の経済学(内田樹/岡田斗司夫)」

「評価と贈与の経済学(内田樹/岡田斗司夫)」 http://amazon.jp/dp/4199070265/ #読書管理ビブリア

f:id:i_can:20160616000603p:image

f:id:i_can:20160616000608p:image

【読んだ】邪馬台国はどこですか?

バーを舞台に、数名の会話と資料の提示で話が進んでいく。その中の一人、常識人というか、定説の提示役の女の設定が最悪。とにかく、何を言われても喧嘩腰で性格が悪すぎて、読んでいて疲れる。

なんでこんな馬鹿なキャラクター設定をしたのだろうか? 2時間ドラマとかに出てきそうな感じ。ということで、全然本編の面白さが理解できなかった。 

邪馬台国はどこですか?

邪馬台国はどこですか?

 

【読んだ】「ダンドリの手帳」(重茂達/あさ出版)

f:id:i_can:20160110120241j:image

 

【読んだ】コンビニ店長の残酷日記

なくなると困るコンビニエンスストアの舞台裏を、オーナー店長の立場から日記風に記した本。 一時期ネットでも話題になっていたが、コンビニオーナーへの搾取は結構ひどい。特に、某大手。 売れ多分お金を取るし、売れなかった分もお金を取るし、ノルマも厳しい。

あれこれ求め過ぎる客と、それに応えようとする本部、そして板挟みの店長や店員ってところなのだろうか。たかが数百円の買い物なのだし、もう少し大人な客が増えると良いね。

コンビニ店長の残酷日記(小学館新書)

コンビニ店長の残酷日記(小学館新書)